COURSE おすすめモデルコース

くまもと人吉市観光

相良700年の歴史の旅 日本遺産「人吉球磨」

コースNo.
000036
所要時間
3時間

観光パッケージ情報

観光エリア
人吉・球磨地区
観光内容
人吉球磨相良700年の歴史探訪を巡る3時間プラン
行程
人吉市内(人吉インターバス停)→青井阿蘇神社→永国寺→高寺院→
山田大王神社→願成寺→人吉市内(人吉インターバス停)
料金
人吉市内(人吉インターバス停)発着 3時間まで
普通タクシー13,140円 ジャンボタクシー19,320円
★施設入場料・有料道路・お食事代等は含まれておりません。
こんな方に
歴史好き・ご友人・ご家族 ・慰安旅⾏など
催行時期
通年
当日
お迎え
人吉市内(人吉インターバス停)発
人吉球磨ならではの歴史や文化を感じる旅です。
ゆっくりとタクシーの車窓から九州山地に囲まれた自然景観を楽しみください。
移動5分
青井阿蘇神社 (滞在30分)
平安時代の806年に創建され、1200年以上の歴史を誇る「青井阿蘇神社」。本殿・廊・弊殿・楼門の5棟社殿群が2008年に熊本県初の国宝に指定されました。茅葺の桃山期の華麗な装飾を取り入れており、華やかさと迫力を感じられます。門前の蓮池に架けられた、朱色の手すりが特徴的なコンクリート造の三連アーチ橋の禊橋。
令和2年豪雨による被害を受けましたが、現在は、修復も終わり通ることもできます。青井阿蘇神社境内にはほかにも、稲荷神社、興護(おきもり)神社、宮地嶽神社、大神宮の4神社があります。
移動5分
幽霊寺として有名な永国寺(滞在30分)
幽霊寺として有名な永国寺の歴史は古く、室町時代初期の応永15年(1408)に実底和尚による開山といいますから、今から約600年前の創立になります。また、このお寺は、田原坂(熊本県)で敗れて人吉に入った西郷隆盛が薩軍本営に定めた寺としても知られています。
永国寺の寺宝となっている「幽霊の掛軸」は、実底和尚が描いたと伝えられおり、創建当時、近郷の木上にさる知名な士がおり、妾を囲いましたがその妾は本妻の嫉妬に悩み、球磨川に身を投げて非業の死を遂げました。その恨みが幽霊となり、本妻を苦しめられ、本妻は実底和尚の法力を頼り、当寺へ駆け込みました。和尚の前に現れた幽霊は、和尚より因果の道理を説き聞かれ、和尚が描いた己れの醜い姿に驚き和尚に引導を渡してほしいと懇願しました。実底和尚の引導に依り成仏し、それからの妾の幽霊は現れなくなりました。
移動15分
高寺院 球磨郡最古の寺院(滞在30分)
高寺院は、球磨郡で最古の寺院です。(相良氏入国以前の古寺)375段の石段を登ると頂上に国指定登録有形文化財高寺毘沙門堂があります。かつては、国指定重要文化財の木造毘沙門天立像が安置されていました。(現在は、本殿の収蔵庫に安置されてます。)
また、敷地には疳墓堂があり、子供の夜泣きやひきつけ等に効くといわれています。住職が在宅の場合は、5体毘沙門天立像が見ることができます。その内の2体は、重要文化財。
移動2分
山田大王神社 日本遺産・相良氏ゆかりの神社(滞在15分)
平成2年9月に国重要文化財指定。山田大王神社は永吉庄山田村地頭であった平河次朗藤高の霊を祀る神社です。本殿は天文15年(1546年)、拝殿及び神供所は宝歴11年(1761年)、本殿覆屋は安永10年(1781年)、鳥居は延享2年(1745年)の建立です。
特に本殿は南九州地方でも中世に遡る数少ない建築で、保存状態も良く、貴重な存在となってます。また、拝殿及び神供所、本殿覆屋、鳥居は同時代の建立で、社檀の景観も整っており、価値も高い。
移動10分
願成寺 相良家墓地(滞在25分)
願成寺は人吉城の鬼門に建てられた一大寺院です。敷地の大部分は相良家墓地となってます。1233年、相良家初代領主、相良長頼によって創建されたお寺です。願成寺は人吉城からみて、丑寅(北東)の方角にあたります。
相良家初代長頼から37代頼綱まで、歴代藩主の墓が立ち並ぶほか、家臣の墓地があります。江戸時代初期には、歴代藩主の墓は各地に散在していましたが、江戸時代中期に、この相良家墓地に集められたそうです。
は人吉城の鬼門に建てられた一大寺院です。敷地の大部分は相良家墓地となってます。1233年、相良家初代領主、相良長頼によって創建されたお寺です。
願成寺は人吉城からみて、丑寅(北東)の方角にあたります。
相良家初代長頼から37代頼綱まで、歴代藩主の墓が立ち並ぶほか、家臣の墓地があります。江戸時代初期には、歴代藩主の墓は各地に散在していましたが、江戸時代中期に、この相良家墓地に集められたそうです。
お送り
人吉市内(人吉インターバス停)着
DRIVER’s POINT
令和2年7月豪雨で多大な被害を受けましたが、現在は、元の青井阿蘇神社に復興しています。
休日は、県内外問わず多くのお客様が参拝に来られてます。
今回の観光プランの中でも、高寺院に祭られている、 5体毘沙門天立像は是非皆様に見て頂きたいです。